インドネシアで一旗あげる!会社設立を総合支援するプロ集団

女性

美味しい一杯を作る

醤油ラーメン

ラーメン屋を開業するには、資金や資格に修行が必要というイメージがあります。資金なら、最低100万円があれば店舗を準備することが可能です。修行の場所を探すなら、専門学校やラーメン屋でノウハウを学ぶのがおすすめです。

もっと見る

言葉の壁を乗り越える

ミーティング

インドネシアでは、英語は第二外国語に部類されています。そのため、流暢な会話が望めず、伝えたいことが伝わらないというケースが目立ちます。そんな時には、現地の言語に精通するコンサルティング業者に相談しましょう。

もっと見る

多民族国家でのビジネス

石像

インドネシアで会社設立するメリット

多彩な島々が存在するのが特徴のインドネシアは、数多くの人口を有する国となっています。人口が多い分、商品の購買率が比較的高いので、自社製品を輸出して販売すればたくさん売れるのが期待できます。そのため、現在では、日系企業の進出が活発になっています。法人設立に関する税金が安くなっているので、初期費用で予算をかける心配は少ないものです。ローリスク・ハイリターンが期待できるのは間違いありません。海外進出で高額な利益を出したいなら、インドネシアへの会社設立がおすすめです。


インドネシアで会社設立を支援する業者

いざ、インドネシアへの進出を計画すると、多彩な壁にぶち当たってしまいます。どのような壁があるのかというと、現地での法律です。現地での会社設立には、ある法律を守らなければならないのです。どのような法律なのかというと、最低2人以上の株主が必要になることです。また、資本金が50万円程を準備しなければならないのと、1名以上のコミサリスという職業の人を確保しなければなりません。資本金なら準備するのは、難しくはありませんが、株主やコミサリスの準備は現地に知り合いがいない限り困難を極めるでしょう。しかも、日本人の株主ではなく現地人でなければならないのです。そのようなことなら、インドネシアでの会社設立を支援する専門業者に相談すれば比較的早く解決します。現地の事情や頻繁に使用される言語などに精通するプロ集団なので、頼りに出来ます。

決済が一元化

クレカ

通販サイトでカード払いを採用すると、導入時の審査や入金日の違いで混乱しやすくなります。そこで、クレジットカード決済代行業者を活用すれば、面倒な審査がなくなり、入金日も同じ日に統一できるので経理の手間が省けます。

もっと見る